金や宝石の原産地として有名な新潟県に注目

ヒスイの原石の美しさがよく分かります

森や川だけでなく、石からも自然の美しさを感じさせてくれるのが、新潟県にある観光スポットの特徴です。 小滝川ヒスイ峡などはヒスイの原産地として知られており、独特な色合いをした岩や石が、あちこちで見つけられるところが評価されています。 自然が作り上げた宝石の塊のような、美しい光景を眺められるというだけで、多くの方々が小滝川ヒスイ峡まで足を運ぶようになりました。 海に流れ出たものであれば、ヒスイは拾っても良いですから、海岸にはヒスイを求める観光客が大勢集まっています。 新潟県が原産となっているヒスイは、とても頑丈だと評価されており、宝石には品質も求めているという人にもぴったりです。 ただ川を眺めているだけでも、自然の迫力を楽しめる観光スポットとして喜ばれています。

金山の歴史を体感させてもらえます

新潟県は金の名産地としても有名で、佐渡金山は400年以上も財政を支えてきた金山として、その歴史の長さでも多くの方々から愛されています。 とても広大な敷地であるために、佐渡金山の全てを見て回る事が大変ですが、重要文化財として指定されている史跡だけでも見て回ってみてください。 採掘作業の光景を忠実に再現している場所は、当時の人たちの暮らしなども理解できて、社会勉強ができる場所としても人気が高いです。 地中深く広がっている空間で、どのように金を掘り続けていたのか分かるだけでも、当時の人たちの大変さが伝わってきます。 掘られている岩の形状も美しくて、洞窟を眺めるのが大好きだという人たちにとっても、佐渡金山は理想的な観光スポットと評価されています。